出産費用の30万円を妻に内緒でサプライズへそくり

出産費用のことで頭を悩ませていた奥さんの為に、内緒で毎月のお小遣いからへそくりを貯めた旦那さんのお話です。こんな素敵で優しい旦那さんがいる奥さんは幸せですね。

いつでも500貯金ができるよう、車に貯金箱を載せていました

へそくりの貯め方

今までお金を貯めるなんて無縁の生活と性格だったので、とにかく節約節約・・・と意識することから始めました。

500円玉が出来れば必ず貯金箱に入れることを徹底していました。月のお小遣いは当時3万円でしたが、その中には煙草代も含まれており、最初は禁煙をしようと思ったのですが、いきなりハードルを上げてしまうと挫折してしまうような気がしてまずは節煙を心掛けました。

しょっちゅう飲んでいた缶コーヒーも我慢して自宅でインスタントコーヒーを作り水筒に入れて持ち歩いていました。そうして改めて気付いたことですが、特に缶コーヒーを飲みたくて飲んでいた訳ではありませんでした。毎日の惰性で何となく買っていたんですね。

大好きな雑誌も立ち読みにして買うのを我慢し、煙草も1日2箱から1箱未満までにしていました。でも家に帰ると、普段と同じふるまいをして妻にはわからないように、ばれない様にしていました。なぜなら出産費用の事で妻がものすごく悩んでおり、私の少ない給料でなんとかやりくりをして必死で貯めていた姿を見たからです。

私はそんな妻にサプライズとして、出産費用の30万円を貯めて渡すことが目標でした。妻には内緒で、自分の車のトランクに貯金箱を置き、いつでも500円玉が出来た時は入れるようにしていたのです。

妻が頑張って貯金した分は妻への御褒美にと思っていたのです。今まで苦労ばかりかけていたので、それぐらいの事は出産を機にしてあげたいと思ったのです。実際に30万円貯めるまでには出産ギリギリまでかかったけど、目標金額は何とか貯める事が出来ました。子供の為、妻の為と思えば必死になれるものですね。

目的を持てば、へそくりを貯めるのにも気合が入る

今回のお話を伺って強く思ったのは、自分のため以外。誰か大切な人の為にお金を貯めるという明確な目的を持っていると、それだけへそくりを貯める事に対して強い思いが入ると言うことです。

ただ漠然と「○○万円ぐらい貯まったらいいな~」と思っているのと、明確な目標を持ってお金を貯めるのとでは、結果として目標金額が貯まるまでのスピードも違いますし、モチベーションも変わります。

あまりお金を貯めるのが得意じゃないという人も大勢いらっしゃると思います。そういう方は、目標金額の何割かを身近な誰かのために使うという、もう一つの目標を持ってみるのはいかがでしょうか?例えば、家族と美味しいものを食べに行く、国内旅行に行く、などご自身も楽しめることに使うといいですよ。