100万円というへそくりの大台を貯めた主婦の知恵

へそくりが徐々に溜まっていくと嬉しくなるものですが、中でも100万円を貯めたと言う主婦の方法をお聞きしました。

ただし、へそくりを貯めるのに無理は禁物です。なるべく楽しみながら貯めるのが継続する秘訣。継続は力なり!100万円への第一歩なりです。

財布の中身を工夫して貯金箱を利用するのが原始的でもオススメ

へそくりの貯め方

とにかくコツコツ貯めることを徹底しました。例えば財布のなかに500円玉が出てきたら、「500円玉で30万円貯まる貯金箱」等にすかさず投入します。

私が心がけていたことは、1日の始まりを1000円札でスタートさせて、1日が終わり家に帰ってきたら、財布の小銭入れの中身を全額貯金箱へ。これを続けると1ヶ月でかなりの金額が貯まりますし、余分なお金を使わなくなるという効果もあります。

あとは、食費をおさえるための工夫にも頭を使いました。
スーパーの安売りを必ずチェックする、たまには自炊する、業務用スーパーを活用する、外食は控える、コンビニでは買わない、衝動買いを慎む、買い物に行く前に必ずリストのメモを書いておく、おやつは買わずにもらう、食事は必ず同僚後輩とは行かずに先輩と行く、お腹が空いてきたら寝て気分をまぎらわす、等を私は実践していましたが、この中でも自分に出来そうなことから始めるといいと思います。

これらを継続して日々を過ごしていたら、少しずつではある着実にお金がが貯まってきます。ポイントは、コツコツ無理のない程度で。目標を紙に書くなどして明確にさだめ、それに向かって努力を続けるのもオススメです。

何事も最初が一番厳しいものと覚えておくこと

へそくりを貯めることだけではなく、物事は何でも取り組み始めた最初が最も厳しいものです。だからこそ、継続することが難しいんです。

コツコツと貯金を始めても、1ヶ月2ヶ月で大きな金額が貯まることはまずありません。そこで「こんなに頑張ったのに、これだけしか貯まらないのか…」と思ってしまっては、へそくりは貯まりません!

だからこそ、無理をしない範囲で貯めることが大切ですし、いかにして楽しみながら貯めることができるか?ということに頭をシフトすることが継続のポイントです。

ただし、ある程度の金額が貯まってきてしまえばこっちのものです。そこからは、どんどんとへそくりが増えていくのが楽しくなるので、コツコツ貯めることが苦ではなくなります。

継続するのが人間は一番難しいとさえ言われていますが、それをしっかりと自覚して、ある程度貯まるまでは気合いで乗り切ったり、貯まった金額を見ないようにしたりと、自分なりの工夫をしましょう。その工夫が、あなたなりのへそくりを貯めるテクニックになりますよ。